Top >  毛穴対策の話 >  たるみ毛穴にレチノール

スポンサードリンク

たるみ毛穴にレチノール

毛穴のたるみに効果のあるレチノールは、ビタミンAの一種で、真皮のコラーゲンを増やす働きがあるので小じわ対策でよく使用されています。

レチノール配合の化粧品はシワやたるみの改善に効果的ですが、肌質によっては合わない場合もあります。

また、パルミチン酸レチノールはアメリカで皮膚科医が治療に使用した治療薬の化粧品版成分配合ですが、たるみ毛穴を解消する働きがあります。レチノールが注目されたきっかけは1982年アメリカで重症のニキビ予防薬としてレチノイン酸が皮膚科の治療に加わりましたが、シワが浅くなったり、皮膚が若返ったなどの効果が注目を集め、アメリカの皮膚科医の間で広まるようになったことです。

1990年代正式にFDAはレチノイン酸を主成分に保湿クリームを配合した処方薬「レノバ」を認可しました。60%〜80%以上の人に効果があるというデータが報告されてブームになりましたが、医師による処方箋であったことと刺激や副作用が問題でした。

そこで、レチノイン酸の代用として厚生労働省に化粧成分として認可された成分を最先端技術でナノ化配合に成功したものがパルミチン酸レチノールです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 毛穴ケア  |  トップページ  |  次の記事 毛穴に良い成分  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/260

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「毛穴ドットねっと。毛穴ケアは毛穴の黒ずみ対策から」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト